NF#09 NF×fragment 参加レポート&Hoodieレビュー

NF#09 NF×fragment 参加レポート&Hoodieレビュー

聞きたかったダンスミュージック、リキッドルームに

1月26日、恵比寿リキッドルーム。

サカナクション山口一郎が主催するイベント「NF(エヌエフ)」と藤原ヒロシが主催する「Fragment(フラグメント)」による共催イベントが開催された。

大物二人のコラボイベントということでチケットは即完売、会場も満員となった。

管理人は元々、日本のバンドの中ではサカナクションが好きだし、ストリートウェア好きであればFragmentデザインは避けては通れない道と考えているので、今回のイベントについてもすぐに参加を決めた。

24時からのクラブイベントということもあって、かなり感度の高そうなヘッズたちがリキッドルームに集合。Supreme、Off-white、コム・デ・ギャルソンやヨージヤマモトと言ったブランドに身を包んだヘッズが多く、スニーカーではNIKEの人気が圧倒的。ギャルソン x NIKE のコラボモデルや、VAPORMAXのトリプルブラックといったレアスニーカーが散見された。

イベントではライゾマティクスやサカナクションメンバーによるDJがイベントのほぼ半分を占め、それぞれ1時間というセットを展開。

クラブイベントの中でも異色だったのは、山口一郎 x 藤原ヒロシのアコースティックセッション。二人が順番に一曲づつを歌い合うという内容になっており、山口一郎はサカナクションの曲から数曲、そして自身が小学生、高校生、20歳の頃に書いたという未発表曲を演奏。会場は大いに盛り上がった。

対する藤原ヒロシはニューアルバムSlumberの中から数曲を演奏、最後にはサカナクションの「ルーキー」をしっとりと歌いあげた。途中SLYの曲のカバーを数フレーズ披露し、思いがけず展開したレアな体験に、会場は大盛り上がりだった。

NF x fragment Hoodie

さて、イベントのレポートはこのくらいにして、ここからはスニーカーブログらしく購入したアイテムのレビューを行う。

管理人が購入したのはNF x Fragment designのダブルネームで発売されたホワイトのフーディー。サイズはSサイズをチョイスした。

Vetements、OFF-WHITEと言った米国ブランドの人気により、近年ではオーバーサイズのサイズ感が流行で、その空気感もあってか会場ではL、Mサイズのサイズが人気のようだった。ただ、ジャストサイズでの着こなしにこだわる管理人はSサイズをチョイス。今回のレビューもSサイズを元にしている。

まずは正面から。真っ白なパーカーに「NFRGMNTØ」のプリントのみという、非常にクリーンで爽やかな印象を与えるフーディーだ。FRAGMENTの代名詞、イナズママークが入っているのも嬉しい。

素材はたっぷりとしたコットンフリースで作られており、触り心地も柔らかな素材だ。

 

こちらはプリント部分のアップ。やはりNFとフラグメントのマークが一緒にあるのが嬉しい。

 

左袖には、NFのロゴに覆いかぶさるようにFRAGMENTのイナズママークがシルバーで。

 

そして背面。白素材に白のプリントでFRAGMENTのイナズママーク、そしてその上から「Against the spirit of slumber(s)」の文字が。直訳すれば「うたた寝に反抗しよう」という意味となり「朝までクラブで盛り上がろう」というメッセージとも取れるが、先日発売された藤原ヒロシの「slumbers」のアルバムタイトルでもあり、発売されたアルバムを過去のものとし、前進しようとする藤原ヒロシ自身のアティチュードとも捉えられる。

 

プリント部分のアップ。

 

裏は起毛したフリース素材となっており、秋冬の今でも安心して着られる。素材だ。

 

首元のタグ。こちらにもNFRGMNTのロゴが。細かなところまで気遣いが嬉しい。

おわりに

以上、NF#09とフーディーのレビューを行った。

フーディーに関してはアーティストの物販と思えないクオリティだが、専門のアパレルブランドが発売しているクオリティほどでは…というのが正直なところ。

もちろんファンアイテムとして購入するのであれば「ぜひ」とオススメしたいし、デザインも秀逸なため、サカナクションやFRAGMENTを知らないという方にもオススメだ。

OTHERカテゴリの最新記事