【レビュー】Supreme 2018 Fall/Winter Classic Script Hooded Sweatshirt

【レビュー】Supreme 2018 Fall/Winter Classic Script Hooded Sweatshirt

はじめに

2018年秋冬コレクションが立ち上がり、今回もマドンナTEEやスマホケースなど多くの人気アイテムがリリースされた。

その中で管理人はClassic Script Hooded Sweatshirtのブラックを購入。

この記事では、購入からパーカーの細部を紹介する。

購入まで

オンライン立ち上げとなる8月25日にスマートフォンアプリより購入チャレンジ。普段はPCから操作しているためスマートフォンからの参加は新鮮だった。そして11時ちょうどにオンラインストアがオープン。

PCでは住所等は自動入力にしているが、スマホからは設定していなかったためやや焦る….。

しかし、無事購入完了。やはり当日はマドンナやスマホケースに人気が集中していたためか、他のアイテムは比較的買いやすかった。

アプリを利用していて気づいたのだが、アプリではWeb Viewという技術を利用して、オフィシャルサイトのスマートフォン版をアプリ内で表示しているだけのようだった。つまり、アプリからでもオフィシャルサイトのスマートフォン版を閲覧していることはほぼ間違いないということだ。

Classic Script Hooded Sweatshirt

Supremeといえば誰もが即座に思い浮かべるのがBOX LOGOのパーカーだろう。パーカーの中央にSupremeという刺繍が鎮座しており、徹夜での並びやオンラインでのBOTを使った争奪戦など「極端に手に入りづらいレアもの」というイメージだろう。

しかし、SupremeのパーカーはBOX LOGO以外にも名作が多々あり、さらにいえばデザイン以外ほとんど同じ素材である(*一部春夏アイテムは異なる)。

今回の秋冬コレクションでリリースされたのは、手書きのサインのように”Supreme”と書かれたアイテム。もちろんBOX LOGOと同様に刺繍でデザインされている。

今回レビューするのは、管理人の持っているブラックSサイズ。

さすがSupremeという出来栄えなのでぜひ最後まで読んで欲しい。

素材

素材は非常に分厚く、他のブランドやメーカーではあまり見ないほどに肉厚なものとなっている。

商品説明にはヘビーウェイトコットンとあるが、その説明に偽りなしといった素材だ。

写真では光の関係でややネイビーに見えるが、カラーはいかにもといったブラックとなっており、発色の素晴らしさもSupremeらしい。

その素材の分厚さから寝かせていてもしっかりとフードが”立つ”ことに注目して欲しい。

フードがへたっていると安っぽく見えてしまうが、Supremeのパーカーはきちんとパーカーであることを意識した作りになっている。

デザイン

過去のアーカイブからのインスパイア、リデザイン、オマージュに定評のあるSupremeだが、本モデルでもそれが見て取れる。

現在もSupremeとのコラボレーションを継続しているチャンピオンだが、チャンピオンは一時期アメリカのカレッジスウェットを大量に受注しており、その品質の高さから今でもビンテージのスウェットには数万円の値段がつくほどの出来栄えとなっている。

特徴的なのは脇の下から腰にかけてのリブ素材。Supremeのような肉厚なパーカーを脱ぎ着しやすいようにする配慮となっている。

また、左腰には小さくSupremeのタグが縫われている。後の写真でも見るが、Supremeはこうした小さなタグから、襟元のブランドネームに到るまで全て刺繍となっている。プリントで行えばコストも数分の1ですむが、あえてそうしないところにブランドのこだわりが見える。

襟元のブランドネーム。Supremeの文字と、MADE IN CANADAのタグを見るとMAD IN SUPREMEを感じられる。

パーカーの裏側はフリース素材となっており、秋冬にも暖かい素材となっている。

おわりに

過去にArabic Logo Hooded Shirtのレビューをした時にも感じたことだが、Supremeのパーカーの品質は他のメゾンブランドやスポーツウェアブランドと比べても比較にならないくらい高いと断言できる。

定番のパーカーというアイテムに対する理想的な回答の一つがSupremeのパーカーと言えるだろう。

そして、もちろんBOX LOGOは誰もが欲しいところだろうが、デザインだけを見てSupremeのパーカーの魅力を語って欲しくはない。

素材、細かな刺繍やタグなど、全体で考えてほしい。

といっても管理人もBOX LOGOは憧れのアイテムなのでいつかは…と思っているが(笑)

レビューは以上となる。

安くないSupremeのパーカーだが、今後の購入の参考になれば幸いだ。

Supreme 2018 autumn/winterカテゴリの最新記事